• ホーム
  • 気軽に出来るものから本格的なものまで!シミの対策お教えします!

気軽に出来るものから本格的なものまで!シミの対策お教えします!

2020年06月05日
顔を洗っている女性

シミを作らない対策としては、体の内側からのケアが大切であり、シミを防ぐ食材を積極的に摂ると良いです。シミやくすみをケアする時に効果的な栄養素や食材があり、それを取り入れるとシミができにくい肌にしていきます。ビタミンAやCやEを積極的に摂取すれば効果があるとされ、ビタミンAは肌の新陳代謝を促進させながらターンオーバーを正常化します。ビタミンCはメラニン生成を遅延させることにより、メラニン色素を淡色化する作用もあり、肌の酸化を防ぐ抗酸化作用も期待できます。またクコの実にはビタミンCが豊富に含まれていますが、それだけではなく抗酸化作用が期待できるポリフェノールも入っています。継続的に摂取することで、紅斑などを防ぐことが明らかになっている食材です。

ビタミンEは血行を促進させ、肌の酸化を防ぐとされる抗酸化作用があり、ナッツやモロヘイヤなどに含まれています。美白ケア対策はサプリメントから効率よく摂取することもでき、ビタミンCとEは体に蓄積されにくいです。したがって血中のビタミン濃度を維持するために、こまめにサプリメントを服用することが理想です。寝ている時はビタミンが排出されにくくなっているので、寝る前に飲むことでより効果が発揮されます。

スキンケアラインを美白のものに変えることも一つの対策で、使用する期間や適切な量も知った上で、美白有効成分の効果を引き出します。シミ対策として美白化粧品を使うには1ヶ月半から2ヶ月くらい継続して使い、肌のターンオーバーが繰り返されることで効果を実感できます。シミ対策の効果を実感するために継続して使うことが大切です。

また、使用量が少なければ効果が減少するので、高い美白化粧品を使っていても全く効果が出ないという現象が起こります。美白美容液の適量は2プッシュを顔全体につけますが、1プッシュしか使わなければ全体に行き渡りません。適切な使用量を知っておくことは大切で、少なければ美白の有効成分も肌に行き渡らず、全く効果のないものになります。適切な量や使い方は商品のパッケージの裏などに記載されているので、よく読んで正しく使うことが基本です。

加えて重要なのが紫外線対策です。紫外線は、曇りや雨の日、さらに屋内でも降り注いでいます。したがって、日焼け止めは1年中つけることが好ましく、帽子や日傘などでも紫外線対策を行っていきます。使用量はスキンケアアイテムによって違いますが、適量を使わなければ効果が発揮されないことがわかっています。