肌を気にする女性

トレチノインはレチノールと言われるビタミンAの誘導体で、ビタミンAの100倍もの生理活性を持っています。トレチノインはレチノイン酸とも呼ばれ、海外ではニキビやしわの治療薬としても認可されている有名な成分です。シワを消す若返りの薬としてたくさんの人に知られており、シワが多い中高年の女性が多く使っています。もともとこの成分は体内に微量に存在しているものなので、アレルギー反応などはないので安心して使えます。

トレチノインのシミ改善メカニズムは

トレチノインは肌の一番深い層にあるメラニン色素を外に排出する働きを持っていて、表皮の細胞を活発に増やしていきます。これにより表皮にある細胞も次々と押し上げられて行くので、肌に溜まっているメラニン色素も一緒に排出します。2?4週間つけ続けることで、表皮までしっかりとメラニン色素を持ち上げて排出することができます。この成分の特徴ですが、強い漂白剤を併用することで、新しいメラニンを作らなくさせるというものです。この働きの結果、表皮のメラニン色素が少なくなり、新しい綺麗な細胞へ置き換えられるので、シミのない肌が実現できます。

表皮に存在する細胞はその一番深いところにある基底層で生まれてから、次第に表皮に押し上げられていきます。そこから角質になって最終的に垢になり皮膚から剥がれ落ちていきます。その表皮の生まれ変わりのサイクルを、ターンオーバーと呼んでいます。トータルで4週間くらいかかって生まれ変わりますが、多くのシミは基底層にあるメラノサイトで作られます。一般的に市販されている医薬部外品の美白美容液などは、メラノサイトがメラニン色素を作る段階で量を減らす働きをする成分が入っています。これは画期的な効果ですが医薬部外品のため、作用が弱いですし、すでに色素沈着をしているメラニン色素を排出する作用はありません。

下に沈着しているシミには効果がほとんどないといえますが、この成分は細胞の生まれ変わりを活発にさせるため垢として剥がします。トレチノインは効き目が強いため、この治療を行うときは医師の指示のもとで行うことが大切です。肌の状態を見たり薬を変更したりするなど、様々な指導法を決めていくので安心して治療を受けることができます。

この水性ゲルは黄色いゲル状ですが、蒸留水が98%も占めているので全体的に伸びやすく、吸収も早い基剤です。濃度にもいろいろなものがあり、強力な作用があるので医師の指導に従うようにしてください。色素沈着を古い表皮の角質とともに、垢として剥がして行く効果を促進させ、新しい表皮を次々と作っていきます。治療を続けることでシミのない綺麗な肌にしますし、それを保つこともできるのが特徴です。

シミを消す実績はどのようなものか

トレチノインで治療を行なっていく期間は、前半と後半に分かれます。まず使用を開始してから治療した部分が赤くなります。次に垢のように皮膚が向けていき、その後から徐々に赤みも増していくのですが、シミ自体は薄くなるのが特徴です。初めて1?2週間目は皮膚が剥けるので辛く感じる時期でもありますが、その後だんだんと肌が薬に慣れていくことで、赤みやしみる状態も軽減されていきます。治療中は、最低でも2週間に1回は担当医師の診断を受けるようにしましょう。

薬は診察するたびに変更される可能性があり、皮膚がとても乾燥する場合はオイルや保水剤などを医師の処方のもとで使います。シミが改善する期間はおよそ8?12週間ですが、改善した後にはメンテナンス用のケアを行なっていきます。必要があれば2回目の治療を1ヶ月や2ヶ月ごとに間隔を開けながら、行うこともできるので、タイミングについては相談しましょう。海外ではシワやニキビの治療薬としても認可されているトレチノインですが、国内でも自己調剤で使用されています。しかし、シクロデキストリンと呼ばれる環状オリゴ糖で包装しているトレチノインが開発されており、かぶれやカサつきも抑制してくれます。

多くのシミは表皮の深い部分にある基底層に集中して、メラニン色素が沈着していますが、この層にはメラノサイトが存在しています。この成分を外用することで表皮細胞が活発に増殖していき、それとともに押し上げられるメカニズムです。メラニン色素も細胞と一緒に上に上がっていくので、2?4週間くらいで全てのメラニン色素が外に排出されることになります。

トレチノインを長期間概要するときは、表皮と真皮を厚くする作用があるので、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進する働きがあります。真皮血管が新しく生まれることにより、肌の若返りにも貢献するので小じわや縮緬皺を薄くして行く効果が期待できます。これらの効果があるため、ビーリングの代わりに用いられることもありますし、高濃度の外用剤としてニキビ治療で使用されることもあります。また、トレチノインは妊娠中や妊娠している可能性がある人、妊娠予定の人は使うことができないので、その点に注意が必要です。